マツダ・ロードスター「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」初公開

2019年2月12日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

RAYS社と共同開発した鍛造アルミホイール「RAYS ZE40 RS30」などを装備するマツダ・ロードスター誕生30周年記念車、世界3000台限定発売

RAYS社と共同開発した鍛造アルミホイール「RAYS ZE40 RS30」などを装備するマツダ・ロードスター誕生30周年記念車、世界3000台限定発売[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは2月9日から一般公開され2月18日まで開催されるシカゴオートショーにおいて、MAZDA MX-5(日本名:マツダ・ロードスター)の誕生30周年を記念し、ボディカラーに専用色「レーシングオレンジ」を採用した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開した。

【こちらも】マツダ・新型SUV発表 新型CX-3? SKYACTIV-X、VEHICLE ARCHITECTURE採用

 30年にわたり100万台以上を世界中のユーザーがドライブするMX-5。これを見据え、マツダは「このクルマはもはやマツダのものではない」と考え、MX-5を育ててくれたすべての人々に感謝の気持ちを伝えるために、そしてこれからのMX-5への期待を込めて、1日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系の特別色「レーシングオレンジ」を開発した。

 MX-5・30周年記念車は、この「レーシングオレンジ」のボディカラーに加え、RAYS社とMX-5ために共同開発した鍛造アルミホイール「RAYS ZE40 RS30」および、シリアルナンバー付オーナメント、ブレーキキャリパー、RECARO社製シート、シート・ドアトリム・インパネデコレーションパネル・シフトレバーにオレンジをアクセントとしたカラーでトリミングした特別なコーディネート、 BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)、Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)、Boseサウンドシステム(AUDIOPILO 2)+9スピーカーなどを特別採用し、ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3000台限定で販売する。

 30周年記念車の日本における販売台数や価格、発売時期などはすべて未発表だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
マツダCX-8、2018年「3列シートSUV」セグメントで国内販売トップを達成した理由
トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業に関する合弁会社の設立に合意
軽カー立国ニッポン、年間販売ベスト10に7車種を送り込む軽自動車の強さに脱帽

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダ特別仕様車SUVロードスター

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース