米民間宇宙船によるISSへのクルー輸送、新たなテストフライト予定発表

2019年2月10日 17:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAは6日、米民間宇宙船による国際宇宙ステーション(ISS)へのクルー輸送ミッションについて、新たなテストフライトスケジュールを発表した(NASAのブログ記事SlashGearの記事)。

テストフライトスケジュールは延期が繰り返されている。NASAは昨年10月、SpaceXの無人テストフライト(Demo-1)を2019年1月と発表し、11月には2019年1月7日としていた。しかし、その後も予定日が見直され、1月10日には2月以降と発表されていた。

Demo-1の新たなテストフライト予定日は3月2日。Demo-2(有人テストフライト)は7月に予定されている。ボーイングのテストフライトはOrbital Flight Test(無人)が4月以降、Crew Flight Test(有人)が8月以降となっている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 国際宇宙ステーション | サイエンス | 交通 | NASA

 関連ストーリー:
イーロン・マスク、カメラの前で二度とマリファナを吸わないとNASA長官に約束 2018年12月02日
NASA、違法薬物の有無など職場環境の安全性評価をSpaceXとBoeingに実施する計画 2018年11月24日
米民間宇宙船によるISSへのクルー輸送ミッション、テストフライトが再延期 2018年10月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASASpaceX国際宇宙ステーション(ISS)ボーイング

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース