カナダの仮想通貨取引所、創業者死亡し200億円相当の仮想通貨が引き出せず

2019年2月9日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

northern曰く、 カナダ最大の仮想通貨の交換会社「クアドリガCX」で、同社が持つ仮想通貨のコールドウォレットを管理する唯一の人物だった創業者が亡くなったため、同社が持つ200億円相当の仮想通貨を引き出せなくなるというトラブルが発生しているという(NHKGIGAZINE)。

 同社はカナダの裁判所に破産を申請したそうだが、管理体制への批判が集まりそうだ。

 同社に対しては以前より支払いの遅れなどが指摘されており、裁判沙汰にもなっていたという。コールドウォレットはオフラインで仮想通貨を管理するための仕組みだが、コールドウォレット自体もどこにあるのか分からないそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | カナダ | セキュリティ | 暗号

 関連ストーリー:
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)に51%攻撃、最終的に盗まれた仮想通貨は全額返還 2019年01月22日
GPUでの仮想通貨マイニングで稼ぐのはもう不可能? 2018年12月18日
ビットコイン急落で採掘から撤退する業者が増加中? 2018年11月27日
Zaif流出で使われたIPアドレス、ハッカソンで推定 2018年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカナダ仮想通貨

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース