アイビー化粧品は「頭皮外用剤」の特許出願が注目されストップ高買い気配

2019年2月5日 12:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■酸化ストレスによる外毛根鞘細胞の増殖低下を抑制する可能性

 アイビー化粧品<4918>(JQS)は2月5日の前場、買い気配のままストップ高の1344円(300円高)に張り付き、売買が成立しなかった。4日16時、「『頭皮外用剤』に関する特許出願のお知らせ」を発表。注目集中となった。

 発表によると、発明の概要は、毛包外毛根鞘におけるカルボニルタンパクの産生が薄毛の発生に関与している可能性を見出し、そのカルボニルタンパクの産生を抑制する植物素材をスクリーニングした結果、テンニンカ果実及びビワ葉の溶媒可溶成分にその効果があることを見出した。酸化ストレスによる外毛根鞘細胞の増殖低下を抑制する可能性があることから、薄毛予防に対する有効なアプローチとして期待される、とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング