ライフ RSS

 

松本市の病院でインフルエンザの集団感染、ワクチン接種の病院職員も発症

2019年2月1日 16:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

KAMUI曰く、 長野県松本市の松本協立病院において、インフルエンザの院内集団感染が発生。患者19名、職員35名が発症し、80代の患者2名が死亡している(信濃毎日新聞松本協立病院のお知らせ)。

 この件は患者より職員の方が感染数が多くなっているのが特徴的な点だろう。FNNの記事によれば職員はほぼ全員ワクチン接種済みだったそうだが、接種していても継続的にウイルスに曝露していると、結果として体内のウイルス濃度が高くなって発症してしまう場合があるらしい。なお、今シーズンは日本全国で流行が拡大しており、各地の医療施設でも集団感染が発生している。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
「風邪防止に効果的」という食材を使った「インフルエンザ対策ら~麺」 2019年01月31日
インフル新薬「ゾフルーザ」で耐性ウイルス検出 2019年01月28日
インフルエンザ・パンデミックから100年、再びパンデミックが起こる可能性は? 2018年10月04日
インフルエンザウイルスは通常の呼気にも咳やくしゃみと同じくらい含まれる 2018年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード長野県

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース