カナモトは売り一巡して戻り歩調、19年10月期増収増益・4期連続増配予想

2019年1月24日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。北海道を地盤として全国展開と業容拡大を推進し、長期ビジョンで海外展開を成長エンジンと位置付けている。19年10月期は需要が高水準に推移して増収増益・4期連続増配予想である。株価は地合い悪も影響した12月の昨年来安値から切り返している。売り一巡して戻り歩調だ。出直りを期待したい。

■建設機械レンタル大手、成長エンジンとして海外展開を強化

 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品販売、IT機器・イベント関連レンタル、福祉用具レンタルなども展開している。M&Aも積極活用し、北海道を地盤として全国展開と業容拡大を加速している。18年10月期の売上高構成比は建設関連事業89.5%、その他事業(鉄鋼関連事業、情報通信関連事業、福祉関連事業など)10.5%だった。

 18年2月には子会社ニシケンが、フジモトHDから福祉サービスのビップケアウエル安心の株式を譲り受けた。福祉用具レンタル事業で関東に進出する。18年8月には建機レンタルのサンワ機械リース(北海道釧路市)の全株式を取得(非連結子会社化)した。18年8月四日市営業所(三重県)を開設し、全国営業拠点数は195拠点、グループ合計491拠点となった。

 55期の19年を見据えたグループの目指す姿を長期ビジョン「BULL55」として示し、海外展開強化を今後の成長エンジンと位置付けている。なお中国事業を再構築するため、連結子会社である上海金和源建設工程有限公司の全出資持分を18年10月譲渡した。

 収益面では公共工事の影響を受けやすく、建設関連のため売上高が第4四半期(8~10月)から第1四半期(11月~1月)にかけてピークとなり、第2四半期(2~4月)および第3四半期(5~7月)は減少する季節特性がある。

■19年10月期増収増益・4期連続増配予想

 19年10月期連結業績予想は、売上高が18年10月期比4.5%増の1757億円、営業利益が4.5%増の184億円、経常利益が4.3%増の187億円、純利益が1.2%増の120億円としている。全国的なインフラ再整備工事、主要都市での再開発工事、自然災害復旧・復興工事などで建機レンタル需要が堅調に推移し、増収増益予想である。好業績を期待したい。

 なお配当予想は5円増配の年間65円(第2四半期末25円、期末40円)としている。4期連続増配で予想配当性向は21.0%となる。

■株価は売り一巡して戻り歩調

 株価は公募増資を嫌気して11月の戻り高値4135円から急反落し、地合い悪も影響して12月25日の昨年来安値2649円まで下押したが、その後は切り返しの動きを強めている。売り一巡して戻り歩調だ。出直りを期待したい。1月23日の終値は2943円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS309円37銭で算出)は約10倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間65円で算出)は約2.2%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2707円49銭で算出)は約1.1倍、時価総額は約1140億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース