ブリヂス 反落、TomTomのデジタルフリートソリューション事業買収も評価限定的

2019年1月23日 15:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:35JST ブリヂス---反落、TomTomのデジタルフリートソリューション事業買収も評価限定的
ブリヂス<5108>は反落。前日にTomTomのデジタルフリートソリューション事業を運営する子会社の買収を発表している。買収金額は910百万ユーロで、19.12期第2四半期中に買収が完了する見込み。買収する事業部門の売上高は162.1百万ユーロ、EBITDAは59.1百万ユーロであった。デジタルソリューション戦略にあった戦略と評されているが、業績への影響が限定的とみられるほか、買収による費用増で自社株買いへの期待後退にもつながる形のもよう。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース