ブリヂス 反落、TomTomのデジタルフリートソリューション事業買収も評価限定的

2019年1月23日 15:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:35JST ブリヂス---反落、TomTomのデジタルフリートソリューション事業買収も評価限定的
ブリヂス<5108>は反落。前日にTomTomのデジタルフリートソリューション事業を運営する子会社の買収を発表している。買収金額は910百万ユーロで、19.12期第2四半期中に買収が完了する見込み。買収する事業部門の売上高は162.1百万ユーロ、EBITDAは59.1百万ユーロであった。デジタルソリューション戦略にあった戦略と評されているが、業績への影響が限定的とみられるほか、買収による費用増で自社株買いへの期待後退にもつながる形のもよう。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース