「ラブライブ!」の改造フィギュア販売 著作権法違反容疑により逮捕

2019年1月22日 23:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

take-ash曰く、 茨城県警稲敷署が1月17日、アニメのキャラクターのフィギュアを無断で改造して販売していた販売者を著作権法違反の疑いで逮捕したという(毎日新聞産経新聞読売新聞)。

 茨城県警がサイバーパトロールで改造フィギュアがネットオークションに出品されているのを発見し捜査したところ、容疑者の口座に約850万円の不審な入金が見つかったという。同署は改造フィギュアを1点数千円から1万5000円程度で販売していたとみている。容疑者は「生活費の足しにしていた」と容疑を認めているという。

 タレコミ子としては改造品の「販売」が著作権法違反になること自体に異論はないが、記事では改造すること自体が著作権法違反になるかのような印象を与えるのではないかと気になった。

 容疑者は人気アニメ「ラブライブ!」のキャラクター「矢澤にこ」のフィギュアの頭部を、無断で別のフィギュアに取り付けて販売していたという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権

 関連ストーリー:
ポケモン、セーブデータへの著作権を主張 2011年02月10日
宇宙戦艦ヤマトの外観は著作物ではない? 2006年12月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権ラブライブフィギュア

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース