米政府、ドローンの商業利用拡大へ規制緩和

2019年1月19日 12:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米政府が民間ドローンに対する規制を緩和し、一定の条件を満たしたドローンに対して人間の頭上での飛行や届け出無しでの夜間の飛行を許可するとのこと(ReutersDRONENEWSASCII.jpSlashdot)。

 現在米連邦航空局は安全上の問題から民間のドローンが人々の頭上を飛行することを禁じているが、これによってドローンの商業利用が妨げられていることから規制緩和を行う方針のようだ。

 スラドのコメントを読む | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
各社が参加するドローン運行管理システムの共同開発プロジェクト 2017年06月21日
中国でドローン使用者に対し実名登録が義務付けられる 2017年05月22日
FAA、ドローンの飛行に関する制限見直しを検討中 2016年03月02日
世界初ドローン宅配は千葉の幕張新都心になる? 特区指定を受け、アマゾン参入へ 2015年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローン

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース