脆弱性の買取会社が買い取り価格をアップ セキュリティ技術向上で

2019年1月12日 13:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 脆弱性に関する情報やハッキングツールの売買を行っているZerodiumが、脆弱性の買い取り価格を引き上げた。背景には、モバイルデバイスのセキュリティが向上しており「ハック」が難しくなっていることがあるという(GIGAZINEMOTHERBOARDSlashdot)。

 たとえばWhatsAppやiMessage、SMS/MMSなどのメッセージングアプリの脆弱性に対しては100万ドル(約1億900万円)を支払うという。これは以前の価格設定である50万ドルから倍増している。そのほか、iOSを遠隔からjailbreakさせる脆弱性については200万ドル、Chromeの脆弱性では50万ドルを支払うともされている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
Googleのセキュリティ研究者、Appleのセキュリティに対する姿勢を批判 2018年08月15日
Microsoft、ユーザー認証サービスの脆弱性に関する報奨金プログラムを開始 2018年07月21日
仮想通貨マイニングプール「NiceHash」、システムが乗っ取られ約76億円相当のビットコインが盗まれる 2017年12月11日
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
ハッキングコンテスト「Pwn2Own」で狙われたEdge、仮想マシン内のEdgeからホストにアクセスできる攻撃も行われる 2017年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性iOSセキュリティハッキングChromeWhatsApp

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース