Huawei、スパコン向けのARMベースCPU「Kunpeng 920」を発表

2019年1月11日 14:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中国・華為技術(HUAWEI)が1月7日、ARMv8ベースのプロセッサ「Kunpeng 920」を発表した(GIGAZINEプレスリリースマイナビニュースクラウドWatchZDNet Japan)。

 データセンター向けのプロセッサで、製造には7nmプロセスを採用。搭載コア数は64で、駆動周波数は2.6GHz。メモリはDDR4に対応する。、100G RoCEポート×2、PCIe Gen4、CCIXといったインターフェイスも備える。同時にこのプロセッサを採用するサーバー製品「TaiShan」も発表された。

 整数演算の処理速度を測定するベンチマーク指標「SPECint」のスコアでは930以上を達成したとのこと。これまでのSPECintの最高記録は富士通がスパコン向けに開発した7nmプロセスのARMベースCPU「A64FX」だが、Kunpeng 920のスコアはこれを25%ほど上回るという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
上海兆芯集成電路、「第7世代Core i5並みの性能」というx86互換CPUを開発 2018年09月25日
中国政府、半導体分野に5兆円以上の資金投入へ 2018年05月09日
Windows 7風のUIを持つLinux OS「中標麒麟V7.0」リリース、中国製CPU「龍芯3号」で動作 2017年03月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国富士通ファーウェイ(Huawei)ARM

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース