【銘柄フラッシュ】ディー・エル・イーなど急伸しエンプラスは自社株買いで活況高

2019年1月7日 16:55

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 1月7日は、ディー・エル・イー<3686>(東1)が急反発の24.4%高となり、東証1部の値上がり率1位。東証マザーズへの新規上場直後に開示した2014年6月期第3四半期から2018年6月期までの決算が虚偽と認められたとして「特設注意市場銘柄」に指定されているが、これを解除される可能性が取り沙汰されてきた様子。

 NCホールディングス<6236>(東1)はストップ高の21.1%高となり、立体駐車場のIoT化への期待や、持ち株傘下の事業会社の合理化効果への期待などがあるとされて全体相場の大幅反発とともに出直りを強めて上げ幅拡大。

 エンプラス<6961>(東1)は発行株数の3.91%の50万株を上限とする自社株買いが好感されて大きく反発し15.3%高。

 サイバーステップ<3810>(東2)は大幅続伸の22.3%高となり、スマートフォンやニンテンドースイッチで遊べるオンライン対戦格闘ゲーム「ゲットアンプドモバイル」の配信を12月21日に開始し好調との見方。野崎印刷紙業<7919>(東2)は21.8%高となり、新元号が4月1日に発表されることになり、関連印刷の増加妙味が再燃とされて日々上げ幅を広げ3日続伸。

 ベルトラ<7048>(東マ)は旅先の現地体験ツアーに特化したオンライン予約サービス「ベルトラ」の運営を行い12月25日に上場。訪日・グローバルとも拡大しており、今年の訪日客数は一段と増加する可能性があることなどが言われストップ高の19.2%高。マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は2日連続ストップ高の15.3%高となり、「リユース」「シェアリング」が今後一段と浸透するとの見方がある上、「高く売れるドットコム」をKDDIの「au HOMEサービス」が導入し連携したことが注目されて出直り拡大。

 セルシード<7776>(JQG)は朝方から大引けまで買い気配のままストップ高の14.4%高に張りつき、「再生医療、商用段階に」(日本経済新聞1月7日付朝刊より)との報道が契機になった様子。ワークマン<7564>(JQS)は11.3%高となり、新形態店舗「ワークマンプラス」がTV番組で取り上げられたことなどが言われて大きく出直った。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「OrCam MyEye2(オーカムマイアイ2)」の装着イメージ。(画像:オーカムテクノロジーズの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース