Scye、2019年春夏コレクション発表 日常に溶け込む、上質で機能的な服

2019年1月4日 20:25

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Scye(サイ)は、2019年春夏コレクションを発表した。

■上質で機能的な日常着

 Scyeならではの、端正な仕立てのクラシカルなウェアに、ミリタリー、ワーク、スポーツの要素をプラスした今季のコレクション。日常に溶け込むような自然体の表情でありながらも、上質感のある仕上がりとなっている。

■春夏らしく爽やかな色使い

 カラーパレットは、ベージュ、ネイビー、グレー、カーキといったベーシックなカラーがメイン。グリーンやブルー、ホワイトといった明るい色彩を織り交ぜ、春夏の爽やかな空気感を演出する。ミリタリーテイストのロングコートには、ライトブルーのリラックスしたイタリアンカラーシャツ、ストライプパンツを合わせ、無骨さと上品な清涼感を共存させている。

■上品さと自然体のバランス

 また、素材やフォルムのバランスで、気取らずナチュラルな上品さを作り出したルックが散見された。シワ感が表情豊かなネイビーの製品染めコートには、クラシカルなチェック柄のシャツとショートパンツを組み合わせ、落ち着いた雰囲気も感じさせつつ、軽やかなスタイリングに。

 ガンクラブチェックのバルマカーンコートには、パープルとグリーンの配色を施したポロシャツを重ね、アクティブながらも紳士的な佇まいを作り上げている。ハリのあるデニムのセットアップも、わずかにラフなシルエットにすることで、親しみやすく爽やかな印象を放つ。

■機能素材のウェア

 今季の特徴として、機能的な素材のアイテムにも注目したい。撥水性と伸縮性に優れたナイロン素材のアノラックパーカーやイージーパンツ、シャツ等を揃える。さらに、細番手の糸を高密度に織り上げたコットンギャバジンのハリントンジャケットも、撥水機能に優れた1着。程良い光沢感が、質の良さを窺わせる。

■端正なセットアップ

 また、クリーンなセットアップも散見された。奥行きのあるホワイトを採用した、端正なシルエットのテーラードジャケットとセンタープレスパンツは、ベーシックならではのシンプルな美しさを感じさせる。コットンポリエステルで仕立てた、ストライプのセットアップはややゆったりとしたシルエットだが、均整の取れたフォルムが魅力。裏地はメッシュで仕立て、着心地の良さも高めている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードサイ(Scye)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース