日経平均は359円安でスタート、その後下げ幅は700円超に

2019年1月4日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19655.13;-359.64TOPIX;1468.42;-25.67

[寄り付き概況]

 4日の日経平均は前営業日比359.64円安の19655.13円と続落(前営業日は大納会)でスタートした。前日の米国市場では、アップルが中国市場での需要後退を背景に売上高見通しを下方修正したことや2008年以来の低水準となった12月ISM製造業景況指数などの経済指標の結果を受け、世界的な景気後退への警戒感から大幅に下落。シカゴ日経平均は大証比470円安の19370円となり、為替相場における急速な円高進行も相まって日経平均は節目の20000円を割り込んだ。全面安商状のなか、寄付直後に日経平均の下げ幅は一時700円を超えた。

 セクター別では、電気・ガス業を除く32業種が下落。指数インパクトの大きいところでは、東京エレクトロン<8035>やファナック<6954>が軟調なほか、売買代金上位銘柄では、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自動車<7203>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>がさえない。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース