スバル、STIと共同でフォレスターのコンセプトモデルをオートサロンで発表

2018年12月29日 21:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

STIとコラボレーションしたSUBARU「FORESTER STIコンセプトモデル」(写真)や「IMPREZA STIコンセプトモデル」を東京オートサロンに出展する

STIとコラボレーションしたSUBARU「FORESTER STIコンセプトモデル」(写真)や「IMPREZA STIコンセプトモデル」を東京オートサロンに出展する[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUが同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、2019年1月11日~13日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2019」への出展概要を発表した。

【こちらも】「スバル・e-BOXER」と「ベンツ・48VマイルドHV」の違いは? 次元の違う2つの方式

 SUBARUブースでは、STIとコラボレーションした「FORESTER(STIコンセプトモデル)」や「IMPREZA (STIコンセプトモデル)」、走りの愉しさや走行安定性を追求したSTIのパフォーマンスパーツを装着した「LEVORG (カスタムパーツ装着モデル)」やWRX STIをベースに専用装備を施した「WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)」を展示する予定だ。

 STIコンセプトのフォレスターは、「アドバンス」をベースに、e-BOXERの先進的な走りにSTIが磨きをかけたモデル。外装には専用色である「ファイターグレー」を採用、アルミホイールは19インチ化した。

 加えて、フロントブレーキにブレンボ製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着、運動性能の高さに合わせて制動性能を高めた仕様としている。

 一方、インプレッサ(STIコンセプトモデル)は、「2.0i-S EyeSight」をベースに、専用の内外装パーツを装着。内装は、質感の高いボルドー内装を採用した。

 また、2018年にクラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車の「WRX STI NBR CHALLENGE 2018」や、SUPER GT参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2018」の展示を行なう。

 なお、SUBARUオフィシャルwebサイトでは、オートサロン特設webサイトを開設し、スバルブースに関する情報を配信。SUBARUブースの様子はオートサロン特設webサイトとSUBARU On-Tubeにてライブ配信を実施する。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する
SUBARU、2025年130万台の世界販売、新中期経営ビジョン「STEP」発表
SUBARU、新型フォレスターの予約受注を開始、国内は4グレード構成

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーションスバルインプレッサアイサイト(EyeSight)フォレスターBRZ(スバル)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース