紙の出版物販売金額、2018年はピーク時の半分以下に

2018年12月27日 22:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2018年の紙の出版物の販売金額は1兆2800億円程度で、ピークだった1996年(約2兆6564億円)の半分以下にまで落ち込む見通しだそうだ(産経新聞共同通信)。

 特に雑誌の売り上げ低下が大きく、前年比約10%減という見込みだという。また、書籍については前年比で3%減前後の見込みだそうだ。

 スラドのコメントを読む | 書籍

 関連ストーリー:
SFマガジン2019年2月号は百合特集、発売前にすでに品薄状態に 2018年12月17日
日本の書店がどんどん潰れていく本当の理由 2018年12月11日
雑誌「幼稚園」10月号の付録はガシャポンマシンのペーパークラフト 2018年09月05日
ジャニーズ事務所、雑誌の電子版では未だ所属タレントの写真掲載をNGに? 2018年08月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告