ライフ RSS

 

スマホやタブレットの使い過ぎは子供に悪影響か

2018年12月26日 09:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 アメリカ国立衛生研究所(NIH)が行った、スマートフォンやタブレットが子供に与える影響を調べた調査結果が発表された。これによると、スマートフォンやタブレットの使用時間が1日あたり2時間を超える子供は、言語や思考能力などを測定するテストのスコアが低い傾向にあったという(GIGAZINE)。

 また、利用時間が1日当たり7時間を超える子供は大脳皮質が薄くなっているという結果も出たという。ただ、今のところはなぜこのような傾向が出るのか原因は不明だと言う。

 スラドのコメントを読む | 医療 | 教育

 関連ストーリー:
森永製菓、「チョコフレーク」の生産を終了へ。スマートフォンの普及が原因? 2018年10月01日
スマホやタブレットの使いすぎで鉛筆が使えない小児が増えている 2018年03月02日
日本のユーザーのTwitterトラフィック、月初は多く月末は少ない。スマホの帯域制限が原因? 2017年06月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース