ASUS、SIMフリースマホ「ZenFone Max Pro」発売 5000mAhの大容量バッテリー

2018年12月22日 14:26

小

中

大

印刷

「ZenFone Max Pro (M1) (ZB602KL)」(画像: ASUS JAPANの発表資料より)

「ZenFone Max Pro (M1) (ZB602KL)」(画像: ASUS JAPANの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ASUS JAPANは19日、新作のSIMフリースマートフォン「ZenFone Max Pro (M1) (ZB602KL)」を発表、21日から発売した。6インチのディスプレイに、大容量バッテリーの搭載で最長35日間の連続待ち受け時間を実現していることが大きな特長だ。希望小売価格は2万9,800円(税別)。

【こちらも】ゲーミングスマホの最高峰「ROG Phone」 競合機凌駕のスペックでスマホの行方は?

■ZenFone Max Proの主な特長

 ・驚異的なバッテリー駆動時間

 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最長35日間の連続待ち受け(4G接続時)、最長41時間の連続通話、最長28時間のWebブラウジング連続使用が可能だ。これならバッテリー残量を気にせずに1日中使うことができそうだ。

 他社製品と比較してみると、10月26日に販売開始となったiPhone XRでは連続通話時間(ワイヤレス)が最大25時間、インターネット利用が最大15時間となっており、ZenFone Max Proのバッテリー容量がいかに大きいかが分かる。

 また逆充電も可能で、モバイルバッテリー代わりにして別の機器を充電することができる。

 ・DSDV対応で通話しながら別SIMでメール受信も可能

 DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)に対応しており、2枚のSIMを挿して4G通信の同時待ち受けをすることが可能だ。例えば通話用のSIMとデータ通信用のSIMを分けて使用している場合、通話しながら別のSIMでメールを受けたりWEBブラウジングすることが可能となる。

 ・背景をぼかして一眼レフカメラで撮影したかのような写真を撮ることが可能

 メインカメラに加え深度測定用カメラを搭載している。このデュアルカメラ構成によって背景のぼかし調整を簡単に行うことができ、まるで一眼レフカメラで撮影したかのような写真を撮ることが可能だ。

 ・指紋認証と顔認証のどちらでもロック解除ができる

 指紋認証と顔認証の両方を登録しておくことでどちらでもロックの解除ができる。また、指紋認証センサーが本体背面にあるため、本体を手にした時の自然な動作で指をセンサーに当てることが可能。顔認証では画面に顔を向けるだけで認識してくれる。

 ・ストレージ容量を簡単に拡張できる

 内部ストレージは32GB。外部ストレージは、最大2TBの容量に対応するmicroSDカードスロットを搭載しており、容量を気にせずに写真や動画をとることができそうだ。

 最後に注意しておきたいのが、防水・防塵には非対応という点と、急速充電には対応しておらずバッテリー充電時間が約2.7時間と長めであるという点だ。

関連キーワードSIMフリーASUSiPhone XR

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース