森永製菓のコンセプトショップ「タイチロウ モリナガ」東京駅に旗艦店

2018年12月15日 20:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 森永製菓のコンセプトショップ「タイチロウ モリナガ」は、JR東京駅構内グランスタに、常設の旗艦店「タイチロウ モリナガ ステーション ラボ」をオープン。

 「タイチロウ モリナガ」は、“美味しいお菓子を多くの日本の人々に届けたい”という森永製菓の創業者・森永太一郎の想いを現代に蘇らせ、新しくカタチにしたショップだ。店内には、森永製菓が110余年かけて磨き上げた菓子作りの技術で、美しい、心が惹かれるといった"をかし"な体験を提供するスイーツをラインナップする。

 新しくオープンする「タイチロウ モリナガ ステーション ラボ」は、旗艦店としてオリジナルデザインに包まれた東京駅限定商品を展開。"キャラメルイノベーション"をコンセプトに、新しいおいしさの体験を提供していく。

 並べられるスイーツは、独自の技術で製造したキャラメルチップで、チョコレートとクッキーを包み込んだ新食感の「キャラメルクリスピー」や、キャラメルの風味が溢れる、ふんわりしっとり食感の「キャラメルバウム」、森永ミルクキャラメルソースとバターを贅沢に合わせたソースを特製ブリオッシュ生地につけて焼き上げた「キャラメルラスク」など。

 外はカリっと中はもっちり焼き上げた塩キャラメル風味の「キュービックフィナンシェ」や、1964年発売のチョコレートをリメイクし、絵の具のように美しいパッケージに納めた「ハイクラウン」も展開される。

【店舗概要】
「タイチロウ モリナガ ステーション ラボ」
オープン日:2018年12月10日(月)
場所:東京駅構内地下1階 グランスタ
住所:東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東日本東京駅構内
TEL:03-6259-1723

商品例:
・キャラメルクリスピー 4個入 790円、8個入 1,580円、12個入 2,370円
・キャラメルバウム 2個入 405円、ホール小 1,296円、ホール大 2,160円
・キャラメルラスク 4枚入 486円、10枚入 1,080円、20枚入 2,160円、30枚入 3,240円
・キュービックフィナンシェ 6個入 1,080円、12個入 2,160円
・ハイクラウン 各1本 257円、3本クラシックセット 864円、3本こだわりのミルクセット 864円、3本バラエティセット 864円、8本セット 2,160円
※価格は全て税込

【問い合わせ先】
森永製菓株式会社 お客様相談室
TEL:0120-560-162

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードJR東日本森永製菓チョコレート

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース