JR東、「駅弁味の陣2018」決定 「駅弁大将軍」は福島の『海苔のりべん』

2018年12月12日 16:58

小

中

大

印刷

海苔のりべん(画像:JR東日本の発表資料より)

海苔のりべん(画像:JR東日本の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 伯養軒の牛めし弁当(画像:JR東日本の発表資料より)
  • 岩下の新生姜とりめし(画像:JR東日本の発表資料より)
  • 受賞した駅弁一覧(画像:JR東日本の発表資料より)

 JR東日本は10日、「駅弁味の陣2018」の受賞駅弁を発表した。駅弁大将軍には福島県からエントリーした「海苔のりべん」(福豆屋)が選出され、同時に、駅弁大将軍を含めた15賞12駅弁も決定した。

【前年は】JR東、「駅弁味の陣2017」を発表 大将軍は新潟県の「えび千両ちらし」

 なお、「海苔のりべん」は、総合評価トップの「駅弁大将軍」と、投票数トップの「最多応募賞」のダブル受賞となった。

■激戦を勝ち抜いた駅弁たち

 「駅弁大将軍」と「最多応募賞」のダブル受賞を果たした福島県の「海苔のりべん」(980円)は、具材のひとつひとつが丁寧に作られた、こだわりの2段海苔弁当だ。郡山駅を代表する駅弁としても知られている。

 「駅弁副将軍」に選出されたのは、青森県からエントリーした「伯養軒の牛めし弁当」(1,150円)だ。青森県産の牛を使い、同県産のリンゴを加えた特製ダレですき焼き風に仕上げている。

 「そそられ将軍」には、栃木県からエントリーした「岩下の新生姜とりめし」(850円)が選出。食材やソース、味付けなどはすべて、栃木の「岩下の新生姜」が活用されている。

 このほか、「盛付賞」を受賞した群馬県の「荻野屋 特製幕の内弁当」(1,800円)や、「味覚賞」と「エリア賞(越境部門)」のダブル受賞を果たした北海道の「鰊みがき弁当」(980円)など、15の賞で、12の受賞駅弁が決まった。

■駅弁味の陣

 東日本(東北・関東・甲信越および静岡)の駅弁を対象に出陣(エントリー)を募り、参戦(アンケート投票による評価)によって「駅弁大将軍」(グランプリ)を決める駅弁の頂上決戦である。

 選出されるのは「駅弁大将軍」だけではなく、総合評価2位の「駅弁副将軍」や、公式WEBサイトからの投票で「⾷べたい駅弁」最多となった「そそられ将軍」なども選出される。

 「駅弁味の陣2018」では、初の試みとして、北海道、福井県、兵庫県、広島県、⿅児島県の駅弁もエントリーした。開催された期間は10月1日から11月30日まで、エントリーしたのは全56商品である。(記事:山岡光・記事一覧を見る

関連キーワードJR東日本

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース