改正出入国管理法、「日本人と同等の職場環境、賃金待遇確保」安倍首相

2018年12月11日 09:07

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は10日、臨時国会閉会に伴う記者会見で改正出入国管理法について「全国的な人手不足のなか、優秀な外国人材の皆さんに日本で活躍頂くために、この制度は必要」と改めて強調した。

 安倍総理は「直ちに、しっかりとした運用体制を構築する」とし、また「今回の対策は移民政策ではない」とも改めて訴えた。

 安倍総理は「外国人労働者受け入れ人数に明確に上限を設ける。期間も限定する。現在、有効求人倍率はすべての都道府県で1倍を超え、特に地方で中小企業のみなさんが深刻な人手不足に直面している。この現実に向き合わなければならない」とした。

 そして「農業、介護、建設業など人手不足の深刻な分野に限り就労の資格を設ける。即戦力となる外国人材を受け入れ、日本経済を支える一員になっていただく」と述べた。

 安倍総理は「そのために、日本人と同等の職場環境、賃金待遇はしっかり確保していきたい」と外国人技能実習生の問題で浮き彫りになった違法な待遇、長時間労働などの問題に対する懸念や指摘に対し、政府として日本人と同様の待遇を図っていくと明言した。

 また「健康保険などの適用については不正があってはならない。厳格な対策を講じる」とも語った。また「技能実習生制度も含め、制度の運営に万全を期していく」と強調した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
同等報酬確保など実効性担保の制度構築を 連合
改正出入国管理法成立に「歓迎する」経団連会長
外国人労働者受け入れなら世界に誇れる国にせよ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三有効求人倍率中小企業外国人労働者求人倍率

広告

写真で見るニュース

  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース