MicrosoftによるGitHub買収が完了

2018年10月31日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Microsoftは10月26日、GitHubの買収完了を発表した(Official Microsoft BlogThe GitHub Blog)。

 GitHubのCEOには予定通り元Xamarin CEOのナット・フリードマン氏が就任し、クラウド+AIグループエグゼクティブバイスプレジデントのスコット・ガスリー氏直属となる。GitHubは引き続き開発者第一の精神で独立して運営され、オープンプラットフォームであり続けるとのこと。MicrosoftとGitHubは開発者が開発ライフサイクルのすべてのステージでより成功できるよう力付けるほか、企業でのGitHub利用を加速し、新しいオーディエンスにMicrosoftの開発ツールやサービスを届けるべく協力していくとのことだ。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | ビジネス | マイクロソフト | デベロッパー | お金

 関連ストーリー:
GitHubの障害、完全復旧までに24時間を要する 2018年10月25日
Microsoft、MS-DOSのソースコードをGitHubで(再)公開 2018年10月05日
GitHubへの社内からのアクセスをブロックする会社 2018年09月18日
MicrosoftがGitHub買収を発表、総額75億ドル 2018年06月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftGitHub買収

広告

財経アクセスランキング