NY原油:大幅反落で66.43ドル、供給不安払拭で調整的な売り強まる

2018年10月24日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:大幅反落で66.43ドル、供給不安払拭で調整的な売り強まる
NY原油先物12月限は大幅反落(NYMEX原油12月限終値:66.43 ↓2.93)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比−2.93ドルの66.43ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時65.74ドルまで売られた。サウジアラビアはどのような供給不足をも相殺する生産が可能との見方を示したことや、世界的な株安を受けて、成長減速や需要鈍化の懸念が広がったことが要因。供給不安が払拭されたことでポジション調整的な売りが活発となった。《CS》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース