引退した小田急ロマンスカーLSE(7000形)が家具や腕時計になって復活

2018年10月22日 11:46

小

中

大

印刷

「ロマンスチェア」のイメージ。(画像: 小田急エージェンシーの発表資料より)

「ロマンスチェア」のイメージ。(画像: 小田急エージェンシーの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ロマンステーブル」のイメージ。

 小田急エージェンシーは19日、2018年10月に引退した特急ロマンスカーLSEの装備品を活用した「Romancecar Memorial Parts Project」を20日から開始すると発表した。

【こちらも】小田急と厚木市、沿線地域の街おこし「あつぎハロウィーン2018」開催

 LSEで実際に使用されていた座席シートやカーテンなどの装備品が、プロジェクトデザイナーの手によって身近な商品に生まれ変わる。第1弾では、「ロマンスTシャツ」や「ロマンスウォッチ」など全4種類の商品が数量限定で発売される。期間は12月25日まで(価格はすべて税込)。

■商品のラインナップは多彩

 ・ロマンスチェア:59万8,000円
 英国発祥のウインザーチェアと、LSEのクラシックな雰囲気を融合させたラウンジチェア。シートの座面を活用して、違和感のないデザインに仕上げている。木材には国産のナラ無垢材を使用。黒に塗装されたフレームが、上品で繊細なイメージを与えている。販売数は20脚限定だ。

 ・ロマンステーブル:18万9,000円
 走る喫茶室としても人気のあったLSEの折り畳み式テーブルを、室内でも使えるようにリデザインした逸品。素材にはスチールを採用、折り畳み機構はそのままに、家具としての利便性が考慮されている。ロマンスチェアと合わせて利用することも可能だ。販売数は100台限定となっている。

 ・ロマンスウォッチ:2万円
 文字盤にカーテンを活用した斬新なデザインが特徴。バンドの色は、ロマンスカーの象徴ともいえるバーミリオンオレンジである。シチズン時計マニュファクチャリング社製のクォーツを機構部に採用しているため、時計としての機能性も抜群。販売数は200個限定だ。

 このほか、胸ポケットに車内カーテンを利用した「ロマンスTシャツ」が4,800円、限定数200枚で発売される。

■LSEの魅力

 1980年に就役した小田急ロマンスカーLSE(7000形)は、EXEやVSEなどの新型ロマンスカー登場後もファンに愛され続けてきた名車だ。小田急ロマンスカーの象徴として、約38年間運行された。

 先頭部の展望室や独特な屋根上の運転席、連接構造といったロマンスカーのDNAを受け継ぎながらも、快適性の向上や外観のリファインを施されてデビュー。ビジネスからレジャーまで幅広く活躍したが、7月10日に定期運行が終了、10月13日の臨時運行で完全に引退した。

関連キーワード小田急電鉄

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース