先輩風を可視化するデバイス「先輩風壱号」発売

2018年9月29日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「先輩風ワード」に反応して実際に風を吹き付けるデバイス「先輩風壱号」が開発された。声の大きさや話の長さなどに応じて風の強さを調整する機能もあるという(NHKwithnews)。

 クラフトビールメーカー「ヤッホーブルーイング」が開発したもので、「ビールをみんなで楽しく飲んでもらう」ことを目的に開発したもので、これで「目に見えない先輩風を可視化できる」という。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 変なモノ

 関連ストーリー:
会社の要請による飲み会から仕事に戻る途中の事故を労災と認める判決 2016年07月11日
リア充度計測ライフログアプリ「REAL10」、筑波大の学生が開発 2012年01月20日
若者を中心に進む「酒離れ」、ビール類出荷量が過去最低 2007年07月11日
宴会で結び付く心理はどこに? 2001年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラフトビール

広告