南北首脳会談が非核具体化に繋がる事を期待 河野外相

2018年9月12日 22:18

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 河野太郎外務大臣は外遊先のベトナム・ハノイで11日夕、臨時記者会見し、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官との会談した内容について「北朝鮮の非核化問題につき、最近の情勢を踏まえ,来る南北首脳会談(今月18日~20日、北朝鮮・平壌=ピョウンヤン=で会談)に向けた取り組みを含め、今後の対応方針について意見交換した。日韓、日韓米3カ国で緊密に連携していくことを確認した」と述べるとともに「南北首脳会談で朝鮮半島がしっかりと非核化されていくよう期待したい」と期待しているとした。

 一方、韓国が年内に『終戦宣言』を目指していることについて記者団の問いに、韓国側が年内に終戦宣言うんぬんというところについては承知していない、と述べた。

 記者団が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長から米国・トランプ大統領に書簡が送られ、2回目の米朝首脳会談を求める内容だったということだが、どのように考えるか、との問いに「北朝鮮が具体的なステップをとるということを期待したいと思うし、それにつなげるような会談なら日本としても大いに歓迎したい」と語った。

 聯合ニュースは「ロシアで(韓国)李洛淵(イ・ナクヨン)首相と安倍晋三首相が会談したことに言及し『韓日間で緊密な意思疎通が行われていることをうれしく思っている。朝鮮半島の非核化のため、韓日が緊密な連携を維持することが重要』と述べた」と伝えるとともに「日本の積極的な協力を求めた」とも伝えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
米朝間合意具体化行動につながる事に期待 総理
18日~20日の日程で南北首脳会談開催に合意
総理 「9条」改憲へ、強い決意うかがわせる
朝鮮半島平和定着に今大変重要な時期 文大統領
非武装地帯の南北見張り所の兵力等試験的撤収へ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三韓国北朝鮮金正恩河野太郎

「外交・国際関係」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース