通話中でもスマホをワイヤレス充電 持ち運びも可能な「BricksPower」登場

2018年9月3日 12:09

小

中

大

印刷

(画像: Kickstarter)

(画像: Kickstarter)[写真拡大]

写真の拡大

 スマートフォンを使用中でも手軽に充電できる、ワイヤレス充電器「BricksPower」が海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場した。この充電器にはナノ吸盤というテクノロジーが搭載されているため、スマホに充電器を直接貼り付けることができる。そのため通話しながらでも充電器が落ちることなくワイヤレス充電が可能だ。プロジェクトは9月13日までで、すでに目標額を達成しているため10月から日本へも順次発送される予定。

【こちらも】サンワサプライ、iPhone/Android対応のワイヤレス充電器 コンパクトで急速充電

■ワイヤレス充電レシーバーをつければワイヤレス非対応でも充電可能

 ワイヤレス充電をおこなうためにはスマホがワイヤレスに対応している必要がある。ワイヤレス対応のスマホで代表的なものはiPhoneやGalaxyなどだ。しかしこの「BricksPower」は、レシーバーを取り付けることでワイヤレス非対応機種でも充電可能となる。

 充電容量は2400mAhで重さは約91g、サイズは縦約10cm、横約6cm、厚さ約1cmのコンパクト設計。カラーはバッテリー部分がオレンジもしくはグレーの2種類が用意されている。デザインはレンガやブロックからインスパイアされており、スマホと一体化させていてもオシャレに見えるバッテリーだ。

 価格コースは、すでに終了している24ドル(約2650円)から。現時点で最も安いコースは28%オフの29ドル(約3200円)。発送は日本へもおこなっており、送料は12ドル(約1300円)。これがあれば通話中にバッテリー切れの不安に陥ることもなく、また家でも外れないワイヤレス充電器として利用できそうだ。

関連キーワードAndroidGalaxyクラウドファンディングKickstarter

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース