淡路市の風力発電用風車、台風による強風で倒壊

2018年8月27日 18:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 兵庫県淡路市の公園に設置されている風力発電用風車が、強風で倒壊した(NHK 毎日新聞産経新聞)。

 この風車は支柱部分の高さがおよそ40mで、羽の長さは20m、総重量は100トンほどだそうだ。設計上は風速60mまで耐えられる構造だったという。写真で支柱部分は地中にはほとんど埋められていらず、支柱を固定するコンクリート部分ごと倒れたように見える。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
中国が太陽光発電設備への支援を見直しへ、太陽光パネルの価格下落となるか 2018年06月22日
羽根のない風力発電機 2018年05月21日
つる植物による太陽光発電システムのトラブル、複数例が確認される 2018年03月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード兵庫県風力発電台風

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース