男性の8割以上が外見に悩み 最多は「汗」 マクロミル調査

2018年8月22日 10:27

小

中

大

印刷

男性が抱える外見の悩みとは?(画像: マクロミル発表資料より)

男性が抱える外見の悩みとは?(画像: マクロミル発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 マクロミルが21日に発表した「男性の美容意識」調査によると、外見に悩みを持つ男性は8割以上にのぼると判明した。同調査では、7月9~11日の間、15~49歳までの男性1,000人に外見の悩み、美容アイテム・サービスの利用状況等について聞き、回答を得た。

【こちらも】美容師が見る男性の頭髪 シャンプーできていない10代、臭い気になる40代

■外見に悩みを持つ男性は8割以上

 調査の結果、外見について何かしら悩みを抱える人は84%。悩み別に見ると、最多は「汗をかきやすい」が36.3%。以降は「歯の黄ばみ」26.4%、「ニキビ・ニキビ跡」24.9%、「顔の毛」24.8%、「頭髪の薄毛」20.7%と続く。

 調査期間が夏だったこともあり、汗の悩みが顕著に表れたのだとみられる。特に、公共機関や職場内環境など、他人を意識する場面では、汗を気にする人も多いだろう。

■スキンケア用品の利用割合は?

 自身でスキンケア用品を購入して利用する人は全体の57%。年代別に見ると最多は10代で69.0%、以降は20代が58.4%、30代が60.3%、40代が49.9%。多くの年代で半数以上がスキンケア用品を利用していると分かった。

 利用しているスキンケア用品の最多は「化粧水・クリーム」で36.8%。2位以降は、「リップクリーム」25.8%、「ニキビケア・毛穴ケア用品」12.4%、「ボディクリーム・ボディローション」12.0%、「UVケア用品」10.6%と続く。肌や唇等人の目に付きやすいパーツのケア用品を利用している人が多い。

■美容系サービスの利用者は3割ほど

 美容系サービスの利用者は3割ほどで、内訳を見ると、「歯石取りやホワイトニング、矯正歯科等」13.2%、「ヘアカラー」10.3%、「トリートメント」7.1%、「眉毛のケア」5.7%、「パーマ」4.3%。

 こちらも人の目に付きやすいパーツである歯や髪に関するサービスを利用する人が多い。また、最多は「歯」のケア。外見の悩みに「歯の黄ばみ」を挙げる人が26.4%存在した点と関係性があるのだろうか。

■半年間に利用した美容系サービスの金額は?

 利用金額の内訳を見ると最多は「1万円以上~3万円未満」25.1%。以下、「3,000円未満」21.4%、「5,000円以上~1万円未満」20.8%、「3,000円以上~5,000円未満」14.9%、「3万円以上~5万円未満」9.1%、「5万円以上」8.6%と続く。

 なお、半年間の平均利用金額は2万5,343円。ひと月辺りでは、平均利用金額は4,000円弱となる。

■美容に関する情報の入手先は?

 「テレビ番組」は10代が35.3%、20代が31.9%、30代が34.73%、40代が28.4%。「ネットニュースや情報サイト」は10代が33.6%、20代が26.1%、30代が34.0%、40代が31.2%。「テレビCM」は10代が26.7%、20代が23.1%、30代が21.5%、40代が19.5%。「SNS」は10代が25.9%、20代が14.7%、30代が10.4%、40代が3.7%。

 入手先として世代間で顕著な違いが見られたのはSNS。10代は25.9%存在するにも関わらず、40代では3.7%にとどまった。(記事:白詰なでしこ・記事一覧を見る