SpaceX、Falcon 9ロケットの再利用を本格化へ

2018年7月28日 23:53

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 2018年7月22日、米SpaceXが「Falcon 9 Block 5」ロケットの打ち上げに成功した。Falcon 9 Block 5の打ち上げ成功は2度目。Falcon 9 Block 5は第1段ロケットの再利用を前提にしたモデルで、垂直着陸で第1段ロケットの回収が可能となっている。回収した第1段ロケットは百回以上の再利用に耐えるとされており、莫大なコスト削減に繋がるという(Mashable AsiaArs TechnicaSlashdot)。。

 最初のFalcon 9(v1.0)は、地球低軌道上に約10.5トンのペイロードがあったが、従来型の使い捨てモデルだった。そこから8年で今回の再利用可能なBlock 5の打ち上げに成功したことになる。この間、Falcon 9には多数の変更やアップグレードが行われており、打ち上げ可能なペイロードも23トンにまで増加している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
イーロン・マスク、タイの洞窟少年救助用に開発したマシンを現地に送り届けるも使われず 2018年07月11日
SpaceX、ファルコン9の最終形態「ブロック5」の初打ち上げに成功 2018年05月13日
JAXA、2019年春にも再使用型ロケット実験を再開へ。2020年代中の実用化を目指す 2018年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロケットSpaceXFalcon 9

関連記事