ロイヤリティフリー公開楽曲、商業ドラマCDで使われた作曲者が配信できず

2018年7月13日 20:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ロイヤリティフリーで公開していた楽曲をその作者が音楽配信サービスで配信しようとしたところ、商業作品でその楽曲が使われていたために著作権侵害の疑いがかかり配信できないというトラブルが発生したそうだ。その楽曲の作曲者がブログで顛末を公開しているP2Pとかその辺のお話R)。

 この楽曲は2016年にフリー素材として配布したもので、これを今年になって着信音として配信サービスに登録したところ、配信が一時保留されたという。この楽曲がドラマCDでBGMとして使われていたため、機械的な判定で著作権侵害の可能性が疑われたそうだ。

 問題のCDは日本コロムビアからリリースされている「THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER 03アマテラス」というもの。このCDの2トラック目で問題となっているBGMが使われていたようだ。ロイヤリティフリーであるため楽曲の使用自体には問題はないのだが、日本コロムビアに問い合わせを行なった返信は来ていないという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権

 関連ストーリー:
フェアユースに対する不当なDMCA削除要請をめぐる「Dancing Baby」裁判、和解に達する 2018年07月01日
ホワイトノイズだけのYouTube動画に5件の著作権侵害申立 2018年01月06日
YouTubeで実際には著作権を保持していない第三者が著作物利用に関する異議申し立てを行うケースが多発中 2017年06月06日
北朝鮮がYouTubeにアップしたミサイル公式映像、フジテレビの著作権を侵害したとしてブロックされる 2017年06月03日
TorrentFreak、著作権者の許諾を得ているにもかかわらずYouTubeの著作権侵害申し立てを受ける 2016年09月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害音楽配信

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース