中古スマホの業界団体、総務省と検討会立ち上げ品質ガイドライン作成へ

2018年7月12日 21:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中古スマートフォンを扱う企業らの業界団体と総務省が、中古スマートフォンの流通に関する検討会を立ち上げる。検討会では中古スマートフォンの品質ガイドラインを作成するとともに、買い取ったスマートフォン内に含まれるデータの取り扱い方法なども検討するという(日経新聞)。ガイドラインは10月中旬にも公開する予定だそうだ。

 いっぽう、NTTは中古端末の流通に対し積極的に取り組む姿勢を見せているという(産経新聞iPhone Mania)。具体的にはネットでの新品・中古端末の購入や回線契約を可能にすること、SIMロック期間の短縮などが挙げられている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 日本 | NTT | 携帯電話 | 政府

 関連ストーリー:
韓国の携帯電話キャリア、iPhone 3GSの販売を開始 2018年06月16日
大手キャリアのスマホがSIMロックフリーでないのは「転売」が原因? 2016年11月16日
政府、最新スマートフォンの値上げを求める 2016年11月09日
公正取引委員会が現在の携帯電話端末販売方式について「課題」を指摘 2016年08月12日
中古携帯電話市場が拡大 2015年09月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省

「ケータイ・スマホ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース