鶏卵にがん細胞を注入しがん組織を再現する手法が開発される

2018年6月12日 23:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 一般に販売されている有精卵にがん細胞を注入することで、がん組織を再現するという手法が開発された(朝日新聞毎日新聞大学ジャーナルオンライン Scientific Reports掲載論文)。

 この手法は、卵巣がん患者から採取したがん細胞を有精卵の杯を包む膜にがん細胞を載せるというもの。3~4日ほどで患者のものと同じ特徴のがん細胞を低コストで再現でき、このがん細胞を使って最適な抗がん剤を調べるといったことに利用できるという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
がんによる突然変異をターゲットにした免疫細胞療法 2018年06月10日
鶏卵を使用しない新インフルエンザワクチン 2014年02月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード免疫がん

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース