センサーで膀胱監視し排出のタイミングを予測するデバイスが発売

2018年6月8日 21:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 超音波センサーで膀胱を監視し、排泄のタイミングを予測するデバイス「DFree Personal」が7月1日に発売される。価格は4万9,800円(家電Watch)。

 Bluetoothでスマートフォンと通信し、排尿タイミングを通知するほか、尿のたまり具合や排尿ログの確認、分析が行えるとのこと。2017年以降、多くの介護施設で利用実績があるという。

 また、排泄を記録するための「うんこボタン」というデバイスも製品化されている。こちらは144Labというメーカーによるもので、無線LAN経由でインターネットに接続し、本体のボタンを押すとその時刻がWebアプリケーション経由できろくされるという。昨年末にクラウドファンディングでの資金調達を行っていたもので、このたび無事商品化に至ったようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 医療 | IT

 関連ストーリー:
うんこには個人差があり、指紋のように使える可能性がある 2017年11月28日
Bluetoothで排泄予告 2015年11月13日
排泄時間を予知するウェアラブルデバイス 2015年02月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース