日産リーフ、国内累計販売10万台を記念した特別仕様車発売

2018年6月3日 17:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

国内累計販売が10万台を超えたことを記念して発売する、特別仕様車「X 10万台記念車」

国内累計販売が10万台を超えたことを記念して発売する、特別仕様車「X 10万台記念車」[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は、「日産リーフ」の国内累計販売が10万台を超えたことを記念し、特別仕様車「X 10万台記念車」を2018年6月1日より全国一斉に発売すると発表した。

【こちらも】日産リーフ、国内販売10万台を突破

 「日産リーフ」は、2010年12月に、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた世界初の量産型電気自動車として初代モデルを発売して以来、現在までにグローバルで累計32万5000台以上を販売した、世界で最も販売されている電気自動車。

 また、2017年10月にフルモデルチェンジした2代目の現行モデルは、電動パワートレーンの特徴であるシームレスでパワフルな加速、低重心を活かした軽快なハンドリングと「プロパイロット」や「プロパイロット・パーキング」などの自動運転化技術や「e-Pedal」などの先進技術を合わせ持つ、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するモデルへと進化した。

 結果、幅広いユーザーの指示を集め、好評裏に販売を伸ばした。そして、2018年4月20日、初代からの国内累計販売台数が10万台を突破した。

 今回発売する特別仕様車「X10万台記念車」は、リーフXグレードをベースに、高く評価されている自動運転機能「プロパイロット」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの先進安全機能をはじめとした魅力的な装備を標準設定し、かつリーズナブルな価格設定としたモデルだ。

 また、「日産リーフ」は、国の購入補助金「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象車であり、「X10万台記念車」の補助金は40万円となる。「X10万台記念車」の価格は370万7640円。

 日産は、世界中のお客さまに向けた安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とした「ニッサン インテリジェント モビリティ」へ取り組み、クルマの「電動化」「知能化」に向け技術開発を進めている。地球温暖化やエネルギー問題、交通事故、渋滞など、クルマがおよぼす社会課題の解決を目指し、クルマをワクワクするものへと進化させていくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
日産、UEFA決勝戦でサッカーのピッチに自動で白線を引くロボットを披露
国際的な「ZEV規制」、対応が遅れると日本車は市場からスピンアウトする?
自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 開催間近! 今年注目の展示は?
【好業績を背景に新社長に交代する京都の4社】共通点は、海外事業の拡大に貢献した人物
2018年4月、国内自動車販売、トップはトヨタ、日産は5位

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別仕様車電気自動車自動運転日産自動車地球温暖化日産リーフ

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース