スパコンの性能向上 ハリケーン予測精度の大幅向上に貢献

2018年5月16日 10:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 現在ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)には、世界で27番目と28番目に強力なスーパーコンピュータが存在する。これによるコンピューティングパワーの劇的な増加はハリケーン予測精度の劇的な上昇に繋がったそうだ(Ars TechnicaSlashdot)。

 2017年に行われた予測では、5日後のハリケーン進路予測位置のずれは155海里にまで減少。これは1998年の進路予測平均誤差で言えば、2日後の数字に値するという。毎年行われている「検証」レポートでは、12時間、12時間、2、3、4と5日間というレンジでの予想でも高い予測精度を出すことに成功したとしている

 スラドのコメントを読む | スパコン

 関連ストーリー:
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日
韓国、気象観測装置の不具合頻発で天気予報の精度が悪化 2015年09月01日
気象庁のスーパーコンピュータに不具合、警報・注意報、天気予報、地震・津波情報には影響なし 2013年02月06日
タンパク質パズルはスパコンを超えるか? 2008年05月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース