トヨタがレンタカー部門を拡充する理由

2018年4月24日 12:27

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 自工会が4月初旬に10代から20代の若者1,000人を対象にしたWEB調査でこんな事実が判明した。

【こちらも】トヨタ、レンタカーにレクサスを取り扱う「プレミアムクラス」を新設

*車を保有していない800人のうち「買いたくない+あまり買いたくない」という答えが54%に達した。
*非保有者のうち購入意向があるとした366人も、車の利用方法としてレンタカー(71%)次いでカーシェアリング(51%)と答えた。

 「若者の自動車離れ」を、あらためて浮き彫りにした。

 だが単一の自動車メーカーとしては世界最大のトヨタ(昨年の世界生産台数は単体で約900万台)は、「より高性能かつより低コスト」の車開発の手を緩めることはできないという宿命を背負っている。「かんばん方式」は既に昔の話。この間は「TNGA」と呼ぶ車両開発手法を導入してきた。TNGAは「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の略。車台(プラットホーム)や部品を複数のモデルで共有するなどして「燃費・動力性能」や「ボディー剛性」を大幅に引き上げる一方、コストなど開発リソースで20%以上の削減を前提としてきた。しかし正式コメントではないが、トヨタの関係者の間から「大幅な性能向上は得られるものの、現時点でコスト削減効果は期待に沿ったものになっていない」という中間報告が漏れ伝わってきた。

 そして三題噺のお終りは、豊田章男社長の「車をつくる会社から移動手段(モビリティ)を提供する会社へ変える」という発言である。具体的にはレンタカー事業の拡充である。スマホのアプリによる「かんたん予約」「こだわり予約」を導入した。前者は全国に約1,200店舗ある「トヨタレンタリース」とこれまでのホームページからの予約に対し、半分以下の操作数で予約が可能。後者はスマホ画面で返却までの残り時間や、緊急時に借りた店舗との連絡が可能な機能を付加したもの。当然、延長線上にカーシェアリングの注力も視野に入れている。ちなみに国内の使用レンタカー台数は2013年末の約61万台から昨年末には約80万台に増加している。

 記した三題噺は、トヨタに限ったものではない。時代は自動車メーカーの在り様も変えていく。自工会から「今月の人気レンタカー車種ベスト10」が発表される日が来るかもしれない。(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車レンタカーカーシェアリングTNGA

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース