トヨタ・新型スープラ BMWと豊田章男の共同開発?成果はどのように現れるのか?

2018年4月18日 05:25

小

中

大

印刷

 幾度となく話題に上るトヨタ・スープラの開発が進んでいるようだ。BMW・Z4とパワーユニットなどを共有するようで、共同開発が進められている。発売日は2019年にずれ込むとの見方が出ている。ニュルブルクリンクでテストが重ねられており、BMW・Z4のスタイリングはすでに明らかになっているようだ。

【こちせも】【投資の真髄:トヨタ生産方式(1)】多種少量生産による数千倍の資金効率

 ご存知の通り、トヨタ・スープラはトヨタが生産してきたスポーツカーだが、北米モデルの「トヨタ・セリカXX」から出発している。日本国内初登場は3代目トヨタ・スープラからだった。ソアラのプラットフォームを流用してシャーシはデザインされ、リトラクタブル・ヘッドランプで特徴を出していた。

 4代目スープラとなり、当時はモータースポーツ活動も盛んだったが、2002年に生産を終了した。排気ガス規制に対応できなかったのが理由だが、スポーツカーの需要が衰退し、開発費をかけるには至らなかったのであろう。

 今回、スープラ復活が企画されたのはBMWとの共同開発が動機であろう。豊田章男社長の意向が強く反映していると感じられる。自動車の持つ本来的魅力の1つが走りであり、衰退の続く日本市場に「走る楽しさ」を味あわせてくれるスポーツカーを投入したいのが、開発の動機であろう。

 トヨタ・新型スープラには、BMWのパワートレーンが載せられるようで、世界最高峰のスポーツカーを日本で手ごろな価格で提供できれば、自動車市場にいくらかでも刺激を与えられることだろう。ニュルブルクリンクで開発がなされているので、最速記録を持つポルシェ911をどこまで追いかけるのか、興味がわく。

 3L DOHC・直6ターボエンジン・8速AT(DCTではないようだ)・最高出力:340ps/5500rpm・最大トルク:45.9kg-m/1300-5200rpmと伝えられているようだが、当然ハイブリッドも検討されているようで、システム出力200psオーバー程度のようだ。しかし、これらは開発が進むにつれて変更されることも大いにあり得る。駆動方式はもちろん後輪駆動であろうが、FRであろうと思われる。フロントMRではあるまい。

 トヨタも、BMWをはじめ、あらゆるメーカーとの協業を模索しているのであろう。豊田章男社長のスポーツマインドの影響なのか?(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車BMW

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース