トヨタ、レクサス50万台記念で「LC」に特別仕様車“Structural Blue”

2018年4月8日 09:59

小

中

大

印刷

LC500h 特別仕様車“Structural Blue”。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

LC500h 特別仕様車“Structural Blue”。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • LC500h 特別仕様車“Structural Blue”。
  • インテリア(ブルーモーメント)
  • インテリア(ブリージーブルー)

 トヨタ自動車は、レクサス(LEXUS)の国内累計販売台数が50万台を達成したことを記念して、フラグシップルーペ「LC」の特別仕様車“Structural Blue”を発売することを発表した。

【こちらも】レクサス最小のSUV「UX」、ジュネーブモーターショーで世界初公開

 レクサスは、トヨタの高級車ブランドとして2005年に登場。2018年3月末時点で、国内累計販売台数が50万台を達成したという。現時点で展開されている車種の数は11。

 LCは2017年に登場した。また同年には、フラグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジも行われるなど、レクサスは新世代への変革が進みつつあるさなかである。

 特別仕様車Structural Blueであるが、まず名前の通りエクステリアカラーリングがこの新開発のブルー一色である(内装色は2色)。南米に生息する美しく青い蝶、“世界で一番美しい蝶”とも言われるモルフォ蝶を着想のもととし、外板色「ストラクチュラルブルー」が開発された。

 モルフォ蝶であるが、特殊な構造によって「本来は透明なのだが、青く見える」という特徴を持っているのだという。トヨタは15年の歳月を費やし、その原理を再現した自動車用の構造発色性顔料を生み出したのである。

 特別仕様車Structural Blueには、LC500ベースのものとLC500hベースのもの、2種類が用意される。価格は前者が1,475万円、後者が1,525万円(いずれも税込)である。

 エンジンは同じく8GR-FXS(3.5L V型6気筒)/2UR-GSE(5.0L V型8気筒)。トランスミッションはマルチステージ ハイブリッド トランスミッション/Direct Shift‐10AT。駆動はいずれも2WDである。

 インテリアカラーは、ブルーモーメントとブリージーブルーがある。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)特別仕様車SUVハイブリッド車

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース