ナチュラルローソン、「日本のおいしいものめぐり 東北編」開催

2018年3月9日 22:00

小

中

大

印刷

「塩だれ仕立ての炭火焼牛タン弁当」(写真:ローソンの発表資料より)

「塩だれ仕立ての炭火焼牛タン弁当」(写真:ローソンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「贅沢苺の杏仁豆腐(ローソンファーム石巻の苺トッピング)」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「もっちりとした胡麻豆腐 山形だし」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「玉こんにゃくと根菜の甘辛煮」(写真:ローソンの発表資料より)

■「日本おいしいものめぐり 東北編」開催

 ナチュラルローソンは、13日から26日までの期間限定で「日本のおいしいものめぐり 東北編」を開催する。東日本大震災で被害が多かった宮城県にあるローソンファーム石巻の“いちご”を使ったオリジナルデザートや、東北食材を味わる郷土商品、スイーツなどを販売する。価格は、1個292円~680円(いずれも税込)。

【こちらも】ローソン、「マチカフェ」に新型のコーヒーマシン導入

■オリジナル商品詳細

 「塩だれ仕立ての炭火焼牛タン弁当」464Kcal
 宮城県仙台市の名物「牛タン」の弁当で、炭火で厚めにカットした2種の牛タンで焼き上げた。海藻からとった塩(藻塩)を使い、塩だれで味付けた。箸休めに、東北で定番のなんばん味噌と宮城県産の笹かまぼこがつき、麦入りご飯を使用。

 「贅沢苺の杏仁豆腐(ローソンファーム石巻の苺トッピング)」
 トッピングは、贅沢にローソンファーム石巻で採れた苺を使った杏仁豆腐。苺ソースを上に盛り、生クリームと苺2.5粒分をさらに盛り付けた。

 「もっちりとした胡麻豆腐 山形だし」89Kcal
 山形県の郷土料理で有名な「だし」を使った総菜。混じり気のない葛粉100%を配合した、もっちりとした食感の胡麻豆腐。味が引き立てられるきゅうりや蓮根、茄子、みぎょう、大葉などの野菜を刻み、あわせた「だし」を添え、独特で爽やかな味わい。

 「玉こんにゃくと根菜の甘辛煮」64Kcal 20日から発売
 山形県の名物で有名な「玉こんにゃく」を主に、甘辛く蓮根やにんじん、松茸を味付けた。彩りよく水菜と唐辛子を輪切りしたものをトッピングし、ぷりぷりしたこんにゃくの食感。

■他の地方の名品

 また、ナチュラルローソンは、13日から「なめらかプリン プレーン/カフェラテ(378円)」、「鳥海高原ヨーグルト ブルーベリー/ラ・フランス(535円)」を発売する。20日からは、「バターもち(3個入り)(391円)」、「だだちゃ豆アイス(292円)(292円)」も発売。

■「日本おいしいものめぐり」は今年で5年目

 ナチュラルローソンは、2013年3月から「日本のおいしいものめぐり」を開催し、今年で5年目になる。日本各地の旬の食材を使った商品や、原材料、製法にこわだったその地方でしか入手しない商品を期間限定で販売している。これまでに、高知編や北海道編を開催している。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードローソンナチュラルローソン

「コンビニ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース