独ベルリンの連邦地裁、Facebookによるユーザーデータの扱いは違法

2018年2月16日 23:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 ドイツ・ベルリンの連邦地裁が、Facebookはドイツのデータ保護法に違反しているとの判断を示したそうだ。この裁判はドイツの消費者団体連合vzbvがFacebookを訴えていたもので、判決は1月下旬に出されているが、12日になってvzbvが発表した(プレスリリース: ドイツ語版英語版PDFGuardian裁判所文書PDF)。

 裁判の争点はFacebookによるユーザーデータの収集と利用に関するものだ。判事は、デフォルトで送信が許可されているプライバシーオプションの5項目や、利用規約でFacebookによるユーザーデータ利用を規定する条項などの8条項について、ユーザーによる明確な合意を得たとはみなされないと判断。また、実名使用の強制について、Facebookによる実名データの利用をひそかに認めさせるもので、違法行為にあたると判断を示したという。

 一方、Facebookがユーザーデータを対価として受け取っているのにもかかわらず、無料で使用できると宣伝するのはミスリーディングだとするvzbvの主張については、無形の対価をコストとみなすことはできず、無料だという宣伝は合法との判断が示されたとのこと。このほか、Facebookのプライバシーポリシーが約款にあたるとの主張なども却下されたといい、vzbvは認められなかった主張について上訴する考えを示している。

 これに対しFacebookでは上訴する考えを示しつつ、同社のガイドラインが明確でわかりやすく、提供するサービスがすべて法規に従うよう改善を進めているといった声明を出したとのこと。Facebookは判決の翌週、EUの一般データ保護規則(GDPR)に準拠するためのツールを発表している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | 法廷 | EU | Facebook | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
ネットへの投稿を収集して分析し、人材を求める企業に提供するサービスが登場、合法か違法か 2018年01月11日
Google、ユーザーの合意なく個人情報を収集するAndroidアプリで警告を表示する計画 2017年12月06日
オランダのデータ保護当局、Microsoftがオランダのデータ保護法に違反しているとの見解 2017年10月15日
ロンドン交通局、乗客の追跡情報を販売して3億2200万ポンドの収益を得る計画を立てる 2017年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「SNS、ソーシャルサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース