撮影した人物の情報表示する顔認識機能付きスマートグラス、中国で導入

2018年2月13日 22:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国・河南省鄭州市警察が春節(旧正月)に向けて顔認識機能を備えたスマートグラスを導入したそうだ(AFPニューズウィーク日本版Slashdot)。

 このスマートグラスに搭載されているカメラで人物の顔を撮影すると、データベースと照合されてその人物の氏名や人種、性別、住所などの情報がスマートグラスに表示されるそうだ。また、その人物のインターネット閲覧履歴なども確認できるという話もある。

 すでにこのシステムを使って複数の犯罪容疑者が逮捕・拘束されているという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 中国 | プライバシ

 関連ストーリー:
中国の新疆ウイグル自治区で顔認識を使った住民監視がテスト導入される 2018年01月24日
中国・武漢市、顔認証の追加など交通警察AIサービスを強化 2017年11月14日
中国でラブドールシェアサービスが開始、数日で当局に取り締まられる 2017年10月04日
中国政府、ウイグル族に監視アプリのインストールを強制 2017年07月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

「タブレット・ウェアラブル端末」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース