自宅にIBM z890導入の18歳、IBMでメインフレーム関連の仕事得る

2018年2月13日 23:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ビンテージコンピュータを収集・修理するのが趣味だという米国在住の大学生コナー・クラスコスキさんが、IBMのメインフレーム「IBM z890」を購入して自宅に設置したそうだ。その顛末を語る動画がYouTubeにアップされて評判となり、最終的にはIBMでメインフレーム関連の仕事をすることになったという(GIGAZINE続報)。

 IBM z890は2004年発売のメインフレームで、総重量は1トン以上にもなるという。本来の購入価格は237.39ドルだったそうだ。コナーさんは親と同居しており、十分な広さの部屋に住んでいたものの搬入や設置、システムの設定などさまざまな課題があり、それを克服して稼動させることができたという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | IBM

 関連ストーリー:
日立がメインフレームのハードウェア開発から撤退 2017年05月24日
日清食品ホールディングス、脱メインフレーム 2017年03月02日
日立のメインフレーム向け暗号LSIをベースとした暗号プロセッサ仕様がオープンハードウェアとして公開される 2016年06月14日
日立のメインフレームで使われたSHA-1実装の論理図面が公開される 2015年07月23日
どんな機材をハードウェアの改造や修理で使っている? 2013年11月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBMYouTube

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース