JASRAC、裁判結果待たず音楽教室からの使用料徴収を開始へ

2017年12月18日 00:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 JASRACが音楽教室からの著作権使用料徴収を行う方針であることが以前話題となった。これに対し音楽教室などによる業界団体はこの是非を求めて裁判所に提訴、訴訟の結論が出るまで徴収を保留するよう文化庁に求めていたが、産経新聞によると裁判の結果が出ていないにも関わらず、JASRACは来年1月から著作権使用料の徴収を開始すると全国の音楽教室に文書で通知したとのこと。

 文書には裁判について触れていなかったそうだが、JASRACは文化庁の指摘をうけて通知文書を修正し、裁判に触れた文書を改めて送付しなおしたとのこと。「訴訟の推移に関係なく、来年1月から著作権の管理を始めたい」としている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ニュース | 著作権

 関連ストーリー:
人気ロックバンドGLAY、結婚式での楽曲使用に関する著作隣接権を無償提供すると明言 2017年12月11日
「基本無料」のスマホゲームでJASRACに支払う楽曲利用料金が話題に 2017年11月20日
坂本龍一、JASRACに苦言 2017年11月15日
音楽教室らの事業者団体、文化庁に対し裁判の結果が出るまで行政手続きを保留するよう求める 2017年07月05日
JASRAC、音楽教室から著作権料徴収を行うことを計画中 2017年02月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC裁判

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース