Google、医療・健康分野の検索アルゴリズム改善 表示順に大幅変動

2017年12月9日 18:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 GoogleのWeb検索アルゴリズムの変更により、医療・健康分野の検索結果が大きく変動したようだ。これにより、以前問題となったコピペや不正確な情報を多く含むようなサイトが表示されにくくなっているという(BuzzFeed窓の杜ITmedia)。

 Googleによると、医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなったとのことで、実際大手報道機関や公共機関、製薬会社、医療機関のサイトなどがより検索結果上位に表示されるようになっているという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | 医療 | IT

 関連ストーリー:
DeNA、不適切なコンテンツを掲載していたとして一時閉鎖していたWELQの再開を断念 2017年08月14日
「医師による監修付き」を謳う医療健康情報サイトの記事に多数の間違いがあるという指摘 2017年05月23日
DeNAがキュレーションサイト問題の調査報告書を発表、2万記事以上に問題ありとの推計 2017年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース