モータースポーツ意識のSIMフリースマホ 大容量バッテリーと素早い動作

2017年11月18日 21:22

小

中

大

印刷

(写真:ソフトバンク コマース&サービス株式会社発表資料より)

(写真:ソフトバンク コマース&サービス株式会社発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ソフトバンク コマース&サービスは17日、モータースポーツを意識したピーアップ製のSIMフリー端末「Mode1 RS」を発売した。3,000mAhの大容量バッテリーを誇るほか、特定の文字によるアプリ起動を実現。画面ロック中でも、画面上に文字を書けばアプリが起動する。同社のオンラインショッピングサイト「プラススタイル」にて、25,124円で販売される。

【こちらも】カードサイズのSIMフリー携帯「NichePhone-S」登場、テザリングも可

■ジェスチャー入力でアプリ起動 ロック時も有効

 「Mode1 RS」は、スピーディなアプリ起動が大きな特長だ。画面上にアルファベット状のジェスチャーを入力することで、アプリが立ち上がる。パスワードを設定している場合は、必ず解除画面が起動されるので安心して利用できる。例えば「S」を描いた場合は、ボイスレコーダーがすぐに起動するといった具合だ。

■バッテリーは3,000mAh 周波数帯にも幅広く対応

 バッテリー容量は3,000mAh、連続稼働時間は最大1日半まで。周波数帯は幅広く、docomoやauなど大手の通信網に対応している。また、Wi-FiやBluetoothなどの通信も利用できる。ただし、NFCには対応していない。

■レーシングをテーマにしたデザイン 3色展開

 主な素材であるカーボンは、初代から継承されたものだ。デジロックがベースのオリジナルサウンドで、レーシングの世界観を演出。起動画面では、レースには欠かせないシグナルも堪能できる。

 カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・レッド。レッドの場合、国際レースにおけるイタリアのシンボルカラー「赤」をイメージしている。デフォルトの壁紙は、メインカラーに合わせたクールなデザインだ。

■その他のスペック ヘッドフォンキャップも同梱

 OSはAndroid 7.0で、外部メディアの最大容量は128GB。転送速度が最も速いSDメモリーカード「SDスピードクラス CLASS10」を推奨している。また、ヘッドフォンキャップを同梱しているので、未使用時は端子を保護できる。表示言語は、日本など150以上に対応した。(記事:さくらい・記事一覧を見る

関連キーワードソフトバンクAndroidBluetoothWi-Fi(無線LAN)SIMフリーAndroid 7.0/7.1 Nougat

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース