トヨタ、「燃料電池車は諦めない」 新しいFCVのカタチを提案

2017年10月19日 07:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタ「MIRAI」に続く燃料電池車として提案する低炭素社会におけるモビリティ「Fine-Comfort Ride」

トヨタ「MIRAI」に続く燃料電池車として提案する低炭素社会におけるモビリティ「Fine-Comfort Ride」[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは、燃料電池車(FCV)を諦めていない。水素と再生可能エネルギーの活用が進んだ低炭素社会におけるモビリティを想定した、新しいFCV「Fine-Comfort Ride」を公表した。

【こちらも】トヨタとセブンイレブン、水素社会推進で合意 燃料電池トラックなど導入

 このFine-Comfort Rideは、電動車だからこその自由なレイアウトと水素をエネルギー源とする大電力量を活かし、「プレミアムサルーンの新しいかたち」として提案する自動車だ。

 FCVは、言うまでもなく走行時にCO2やNOxなどの環境負荷物質を排出しない優れた環境性能、3分程度の水素が充填できる燃料補給による充分な走行距離を得られる利便性を併せ持った自動車だ。

 加えて、今回のFine-Comfort Ride制作を通じて、トヨタはFCVの更なる可能性を追求できたという。

 Fine-Comfort Rideの特長は以下のとおりだ。車両前方から中央にかけて上下左右に広がりを持たせ、後部にかけて絞り込んだダイヤモンド型キャビンを採用し、2列目シートの空間と空力性能を最大化した。コンセプトモデルのボディサイズは全長×全幅×全高4830×1950×1650mmで、3450mmという長大なホイールベースの採用で室内空間は広大だ。乗車定員は6名とされる。

 電動車らしく自由なレイアウトを活かし、インホイールモーターの採用、タイヤの四隅配置やボディ下をカバーで覆うことによって、プレミアムサルーンにふさわしい、高い走行安定性と静粛性を実現させた。

 「Wearing Comforts(快適な空間に包まれる)」をテーマに、クルマが単に移動するための「乗り物」ではなく、乗員に移動以外の価値を提供する将来のモビリティを具現化したとも、トヨタは説明する。

 自由な姿勢に調整可能なシートを中心に、エージェント機能やタッチディスプレイを配置し、乗員は自由に情報へアクセスできる。シートレイアウトも自由に調整でき、Fine-Comfort Rideを「個の空間」としても「個×個のコミュニケーション空間」としても使用できる。

 高い静粛性とスムーズな走りに加え、水素をエネルギー源とする大容量電力を活かし、車内の装備を充実させながら、約1000km(JC08モード)の航続距離を実現している。

 なお、Fine-Comfort Rideは、10月28日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で一般公開となる「第45回東京モーターショー2017」に出展する。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、グローバル企業チャレンジ「Start Your Impossible」開始
VWジャパン、新たなフラッグシップ・モデル新型「Arteon」を発売
VWジャパン、ディーゼルモデル日本に積極導入。東京モーターショーに出展
VWジャパン、東京モーターショー2017、展示車9 モデル中8台が日本初公開
スズキ、モーター四輪駆動のコンパクトSUV「e-SURVIVOR」展示、東京モーターショー

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池自動車東京モーターショー

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース