神戸製鋼の不正、40年以上続いていたとの証言も

2017年10月19日 06:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  神戸製鋼の製品検査偽装問題は、当初発覚したアルミや銅製品以外の製品にも広がっているが、毎日新聞にて、こういった不正は少なくとも40年前にはあったとの関係者の証言が掲載されている。

 この証言では、取引先の基準に合致しない製品を「トクサイ」(特別採用)として検査合格証を改ざんして出荷していたという。また、顧客から品質が疑われた場合にすぐに代替品を納入することで問題を表面化させなかったケースもあるという話や、「一部で合格に達するデータが得られれば、適合品として出荷している」という話も出ている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
神戸製鋼、アルミや銅以外でも不正の可能性 2017年10月13日
神戸製鋼がアルミや銅製品で強度などを偽装して出荷していたことが発覚 2017年10月10日
神鋼鋼線ステンレス、ばね用鋼線の強度試験値を改ざんしていたことが明らかに 2016年06月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード神戸製鋼所

「鉄鋼・非鉄金属業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース