次期タントか!?ダイハツのコンセプトカー「DN U-SPACE」が東京モーターショーに

2017年10月13日 17:08

小

中

大

印刷

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • (写真:ダイハツ工業の発表資料より)
  • (写真:ダイハツ工業の発表資料より)
  • (写真:ダイハツ工業の発表資料より)

 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催される「東京モーターショー 2017」。各自動車メーカーから新たな未来を予感させるコンセプトカーの出展が発表されているが、ダイハツからもコンセプトカーの出展が発表された。名車コンパーノの再来と呼ぶべき「DN COMPAGNO(ディーエヌコンパーノ)」や、「ラッシュ/ビーゴ」の後継車になりそうな「DN TREC(ディーエヌ トレック)」など注目度の高いコンセプトカーばかりだ。

【こちらも】ダイハツ、「タント」を一部改良、「スマートアシストIII」を初搭載

 その中に「DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)」というコンセプトカーがある。今回はこのコンセプトカーについて迫っていきたい。

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

 こちらが「DN U-SPACE」。外観から言えるのはダイハツの看板車「タント」の次期モデルであることが予想される。キャッチフレーズは「忙しいママを支える、モアスペース系軽自動車の使い勝手の良さをさらに高めた新提案」。タントの特徴である四角いフォルムは健在だ。ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、1750mm。サイズは現行型のタントと変わっていない。

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

 装備の中でも注目したい機能が「前後スライドドア」。これまでのタントは「ミラクルオープンドア」と呼ばれるドアで、前のドアは手前に引くタイプのドアだったがコンセプトカーでは前後両方ともスライドドアに。ハンズフリー機能がついており、乗り降りが更にしやすくなること間違いなしだ。そして現行型のタントにも採用されている、センターピラーと呼ばれる前後のドアの間の柱をなくして、開放感がました乗降口も健在。スライドドアになったことで、より一層乗り降りのしやすさが増すことになるだろう。

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

 「DN U-SPACE」の内観がこちら。白を基調としたシンプルな内装にパノラマビューを採用し、前方の視界がさらに良くなった。そして、助手席側と運転席側の窓下が低くなっており左右の視界が良好に。安全性も申し分なしの1台になりそうだ。

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

(写真:ダイハツ工業の発表資料より)

 助手席チップアップシートにより、ウォークスルーも広さが増した。この便利さは革新的とも言えるだろう。

 「タント」は2016年1月に月間販売台数が1万5,200台と驚異的な売り上げを記録している。そんなダイハツの代表的な軽自動車の新型がコンセプトカーとして出展されるのは期待が高まる。ちなみに現行型のタントは2013年の秋にフルモデルチェンジ。DN U-SPACEが新型タントとして登場する予想時期としては、2018年秋頃が考えられる。デビューから5年の月日はフルモデルチェンジの時期にはちょうどいいだろう。「東京モーターショー」の現場では、是非ともチェックしておきたいコンセプトカーだ。

 ダイハツ DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)のスペック
 ・全長×全幅×全高:3395×1475×1750mm
 ・乗車人数:4人
 ・シート列数:2列
 ・パワートレイン:660cc ガソリンエンジン 水冷直列3気筒12バルブ DOHC
 ・トランスミッション:CVT
 ・駆動方式:FF
 ・タイヤサイズ:165/50R16

関連キーワードダイハツ工業コンセプトカー軽自動車タント東京モーターショー

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース