バンダイ、IBMのAI「ハロ」内蔵したコミュニケーションロボットを発売へ

2017年10月4日 07:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本IBMによって開発されたAIを内蔵し、音声認識による会話機能を持つコミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」をバンダイが2018年に発売する(AV Watchバンダイの発表PDF)。

 本体の設計・生産はVAIOが協力しているとのこと。会話機能の利用には無線LAN経由でのネットワーク接続が必要となるようだ。また、Bluetoothスピーカーとしても利用可能。サイズは直径19cmだそうだ。

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | ガンダム | ロボット

 関連ストーリー:
プレーヤーの感情を解析するデバイス、販売開始 2017年09月13日
自動運転車のマンマシンインターフェイスとして有望な「ラッキービースト」 2017年04月25日
シャープがロボット型電話を開発、来年発売へ 2015年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット人工知能(AI)IBMバンダイVAIO

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース